教育・キャリア

新入社員研修

一人ひとりが「プロ人材」になるためにビジネスマナー・マインドからICT基礎スキル資格取得、専門教育まで充実のカリキュラムを提供

都築電気では社員一人ひとりが担当分野の「プロ人材」として活躍してもらいたいと考えています。そのため新入社員研修から、きめ細かな教育プログラムを提供。3ステップ、6ヵ月もの期間にわたって充実した教育を実施しています。

「ステップ1」ではビジネスマナー・マインドなど社会人としての基礎を学び、社会人へのマインドセットを行います。

「ステップ2」では、都築電気で活躍するために欠かせないICTに関する基礎スキルを習得。また、シスコシステムズ社認定のネットワークエンジニア資格「CCNA」など、各種資格取得に挑戦することで、一人ひとりがスキルアップを実感しながら成長できます。さらに最後にはチーム対抗の「ビジネスプレゼンテーションコンテスト」の場を設けています。

「ステップ3」の3.5ヵ月間は、職種別に研修が実施されます。

キャリアステップ

職種別教育研修内容

ソリューション営業

最初に講義でソリューション営業の基礎知識を習得し、ロールプレイングで体験します。また、“飛び込み”による営業体験を行います。実際の業務では飛び込み営業は少ないものの、お客様と接することを実感してもらうことが目的。また先輩に同行して、OJTを実施しています。

システムエンジニア

プログラム言語「Java」の習得、フレームワークの知識吸収を目指します。その上で、課題として社内で使用するシステムの開発にグループで取り組みます。意欲や目的意識の醸成も狙いの一つ。

ネットワークエンジニア

近年、急速に浸透・拡大しているIP(Internet Protocol)ネットワークに関する実習が中心になります。課題を与えられ、そのソリューションに向けてさまざまな取り組みを実践。また、ネットワークエンジニア資格「CCNA」のさらに上位資格取得にも挑戦します。

新入社員研修における取得資格

CCNA

LAN/インターネット接続型ネットワークの構築・管理・運営のスキルが備わり、シスコシステムズのルータ、スイッチング機器を使用した中小規模のネットワークの導入、設定、トラブルシューティングが実践できる技術者に認定される資格です。

ORACLE MASTER Bronze

世界で高い評価を受けるオラクル製品に関して、その技術力を認定されたOracleデータベース技術者に与えられる資格です。

VoIPアドバイザ

最先端のVoIPの知識を身につけ、お客様にIP電話の提案が可能なスキル保持者に与えられる資格です。

キャリアアップシステム

社員がキャリアアップすることで企業は成長する「ヒューマンスキル」と「ビジネススキル」の両輪で総合的にキャリアアップをサポートする体制を確立

都築電気では、すべての社員が着実にキャリアアップすることが、企業の成長には不可欠と考えています。そのため個々人の年齢やキャリア、ポジション等に合わせた充実した教育システムを確立しています。システムの考え方は会社の「基本理念」「経営理念」に基づきます。理念から導かれた「求める人材像」があり、それを目指したスキル習得が体系付けられています。

特徴的なのは、“スキル”を「ヒューマンスキル」と「ビジネススキル」に区別して、それぞれのスキル習得を図るカリキュラムを提供していることです。

「ヒューマンスキル」とは、指導力やコミュニケーション力、執務態度・意欲のことで、研修では講義や自己分析、グループディスカッションなどを通じてスキルを吸収していきます。

「ビジネススキル」とは企画立案力やビジネス推進力、管理能力、専門知識・技術を指し、職種別の専門的な研修を中心に習得。

また通信教育による「自己啓発」も含め、総合的に社員のキャリアアップをサポートしています。

教育研修のステップ