都築電気株式会社

企業情報サイト

都築電気
2017年9月22日
都築電気株式会社

都築電気、医療従事者向け情報共有ソリューションの提供開始
~医療現場のヒヤリ・ハット削減に向けて~

都築電気株式会社(代表取締役社長:江森 勲、本社:東京都港区新橋、以下 都築電気)は、株式会社キャピタルメディカ(代表取締役社長:古川 淳、本社:東京都港区虎ノ門、以下キャピタルメディカ)の電子化ピクトグラムシステム「EUCALIA TOUCH(ユカリアタッチ)」を利用して、医療従事者の“安全かつ効率的な医療・看護支援”を目的とした、情報共有ソリューションを提供開始します。
なお、初年度ビジネスでは10億円を目標にしております。
(ご参考)デジタルヘルスDAYS2017に出展します。
      日時 :2017年10月11日(水)~13日(金)
      場所 :東京ビックサイト
      ブース:No.0142(東ホール)*当ブースにてシステムを体験いただけます。

■背景

医療における情報システム化は、“電子カルテシステム導入”から“地域包括医療ネットワーク構築”の段階に入ってきています。
しかしながら、医療現場(特に看護業務)においては、依然として紙運用が主でありアナログ運用による弊害も生じています。例えば、ベッドサイドにおける患者様の情報共有・注意事項の周知も手書きの「札」や「紙」、「マグネットシート」に頼ることが多く、医療の安全性・運用の負荷、トータルコストの増大などにより、その見直しが喫緊のテーマとなっています。
近年、こうした医療者が抱える課題を解決する「電子化ピクトグラム」の活用が注目を浴びてきています。

■電子化ピクトグラムシステム「EUCALIA TOUCH(ユカリアタッチ)」の特長

キャピタルメディカ社の電子化ピクトグラムシステムは、次の優位性が医療者に評価され、導入病院が急激に増加しています。
1.病院毎の異なるニーズに柔軟に対応できるカスタマイズ性、
2.電子カルテ連携による運用負担の軽減と正確性、
3.電子化ピクトグラム機能の他にも、患者スケジュールや離床先管理、検査結果などの診療情報の参照機能など、業務支援機能が充実

■都築電気について:http://www.tsuzuki.co.jp/company/

都築電気株式会社は、1932年に設立。ネットワーク製品、ネットワークサービス、情報機器、ソフトウェアの「情報ネットワークソリューションサービス」と「電子デバイス」を2つの柱としています。「情報ネットワークソリューションサービス」では公共・金融をはじめ製造・流通・ヘルスケアの業種別体制で、企画、構築(設計・施工・開発)、運用サポートまで一貫した提案を行い、経営課題の解決をお手伝いします。また、ツヅキグループは「13 社・2,276名、国内109拠点・海外3拠点」で約2万社のお客様をサポートしています。詳しくは、http://www.tsuzuki.co.jp/をご覧ください。

■お問い合わせ先

【報道機関】 都築電気株式会社
担当:管理本部 コーポレートコミュニケーション担当 北浦
住所:〒105-8665 東京都港区新橋6-19-15 東京美術倶楽部ビル
電話:03-6833-7703
E-Mail:kitaura@tsuzuki.co.jp

【お客様】  都築電気株式会社
担当:社会システム営業統括部 第一営業部 嶋本
住所:〒105-8665 東京都港区新橋6-19-15 東京美術倶楽部ビル
電話:03-6833-7755
       E-Mail:shimamoto@tsuzuki.co.jp

*本書面に記載されている会社名、製品およびサービス名は、各社の登録商標または商標です。
*プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後、予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承願います。