健康増進施策

社員とご家族への社長メッセージ送付

当社の健康経営のポイントは「社員と家族」の健康増進

当社の”想い”や”お願いしたいこと”をメッセージに込め、健康経営統括室設立後の最初の健康増進施策として、社長から社員の自宅へ贈りました。会社・社員・家族が一体となって”真に働きやすい環境”と”自身や家族の健康増進”を目指すためには、社員一人ひとりのみならずそのご家族のご理解・ご支援が必要不可欠です。その想いを込め、年に3回のペースで送付しています。

全社ストレスチェックの実施

2015年12月より、年1回のストレスチェックが義務付けられたことを受け、当社においても実施義務対象の「50名以上の事業場」においてストレスチェックを実施致しました。
2017年度以降、50名未満の事業場を含む「全社」で実施しております。

メンタルヘルス相談窓口の常設

社員と家族が「気軽に相談できる」環境づくり

メンタルヘルス予防のためには、「気軽に相談できる環境」が必要不可欠です。
その環境構築の一つとして当社では、臨床心理士へ電話・対面・WEBでの相談が可能なメンタルヘルス相談窓口を設けており、相談内容については、自分自身や職場に関することはもちろんのこと、身体やプライベートに関する相談を含めた「よろず相談」ができます。

この相談窓口は、社員本人だけではなく家族の皆様にも同じくご利用頂けます。利用促進に向けて、上述の「社員とご家族へのメッセージ」中に相談窓口の電話番号が記載された携行カードやチラシを同封したり、社内にポスター掲示したりと周知に努めています。

健康経営推進調査の実施

「健康経営推進調査」とは、全社員を対象に実施した調査(アンケート)です。
健康経営施策を企画・PDCAサイクルを構築していくに当たり、まずは当社の課題を定量的に把握することが最重要と位置づけ、当調査を実施致しました。毎年度実施することで、指標の再設定や経年推移の観察に活用していく予定です。
また、健康増進施策を客観的評価指標で可視化することにより、社員と経営層が健康経営の状況を共有し、同じ目線で推進していく必要があると考えています。

グループウェア(IntrameriT)の掲示板で健康意識の啓蒙

掲示板で「健康意識向上」と「コミュニケーション活性化」を目指す

全社員への意識啓蒙・健康リテラシーの向上を目指し、社内グループウェア上の掲示板にて積極的な情報発信を行っています。セミナー等のイベントでは開催場所に偏りが出てしまうため、全社員に向けた情報の提供を心がけ、社内掲示板を情報発信の場として活用しています。

例えば、健康的な取り組みをしているチームへのインタビュー記事や、支店周辺の健康的なランチを食べられるお店を社員が紹介した記事など、健康意識の向上だけではなく社内コミュニケーション活性化にも繋がるような記事を発信しています。

ザ・コーポレートゲームズへの参加

スポーツを通じた心身の健康促進

「ザ・コーポレートゲームズ」とは、企業対抗の種目別スポーツイベントです。参加費用を当社にて全額負担し、参加を促しています。2018年は9競技で238名の社員が参加し、当日は大変な盛り上がりを見せました。

運動での健康促進はもちろん、普段関わることの少ない他部署メンバーとも一つのスポーツを通じて交流が生まれるため、社内コミュニティの輪を広げる機会にもなっています。社員の心身の健康を促進する重要なイベントとして、今後も参加を促してまいります。

バランスボールでの執務が可能に

健康経営推進WG主催の全国ワイガヤ開催時、参加者の要望でまずはトライアルとして実現し、その結果として導入が決定した施策です。インナーマッスルが鍛えられるため、腰痛対策や姿勢矯正など様々な効果が見込め、業務をしながら健康増進を図れる施策として全社展開しています。

血管年齢測定イベントの開催

自身の健康への意識をより高める“指標”を提供

健康診断のように、一定の指標を持って自身の現状把握ができ、健康への意識をより高める機会を提供したいという想いから、血管年齢測定イベントを開催しています。血管年齢とは、血管の弾力を目安として血管の状態を年齢で表したものです。センサーを当てて30秒で測定可能なため参加のハードルも低く、2018年度は延べ750人の社員が測定に参加しました。また、複数拠点で開催するだけではなくグループ会社でも開催するなど、広がりを見せています。