都築電気株式会社

企業情報サイト

TSUZUKI
2018年4月24日
都築電気株式会社

都築電気、㈱麻生情報システム「健康管理支援システム」の提供を開始
~ 社員・職員の健康「見える化」で、健康リスクを事前に予防~

都築電気株式会社(代表取締役社長:江森 勲/本社:東京都港区新橋/以下 都築電気)は、株式会社麻生情報システム(代表取締役 瀧中 秀敏/本社:福岡県福岡市/以下 麻生情報システム)製品である「健康管理支援システム」の提供を開始いたします。
本システムの提供により、「健康経営」を推進するお客様の健康管理業務の軽減とお客様社員・職員の健康リスク予防のお手伝いをいたします。

■ 背景

2017年1月、株式会社麻生と都築電気にて資本業務提携。
麻生グループの麻生情報システムが有する医療事業の顧客ネットワークとノウハウ、都築電気のICT技術や医療・介護事業者向けのソリューション実績を元に、より高い付加価値のある商品提供を目指してまいりました。
2018年2月20日、当社は経済産業省と日本健康会議が共同で選出する「健康経営優良法人2018 大規模法人部門(ホワイト500)」に認定されました。
社内外に「健康経営」を推進するべく、「健康管理支援システム」のご提供を通じて、健康で豊かな社会作りのご支援をしてまいります。

(ご参考)
・麻生グループとの資本業務提携
  http://www.tsuzuki.co.jp/ir/pdf/2017/20170105.pdf
・都築電気、「健康経営優良法人(ホワイト500)」に認定
  http://www.tsuzuki.co.jp/release/release_2018/20180220.html

■ システムの位置付け

当社も重要な経営戦略として実践している「健康経営」は①「健康増進施策」と②「働き方改革」という2本の柱で推進する必要があります。本システムは①「健康増進施策」として重要な役割を果たします。業務効率・生産性向上を支援する②「働き方改革」ソリューションと併せた①+②=「健康経営」のためのソリューションの一角としてラインナップして参ります。

■ システムの特長

(1)豊富な医療ノウハウを誇る麻生グループにて、産業医・保健師と共同開発されたシステム。
(2)社員・職員の健診の事前準備から健診データ管理、保健指導、結果の報告まで、一連の健診業務が迅速化可能。
(3)管理する全ての情報から、横断的な集計・分析が作成でき、健康の「見える化」が実現。
   上記特長を踏まえ、お客様の運用に合わせて導入可能。

■ システム搭載機能

■ 関連URL(製品詳細説明)

■ 都築電気について  http://www.tsuzuki.co.jp/

都築電気株式会社は、1932年に設立。ネットワーク製品、ネットワークサービス、情報機器、ソフトウェアの「情報ネットワークソリューションサービス」と「電子デバイス」を2つの柱としています。「情報ネットワークソリューションサービス」では公共・金融をはじめ製造・流通・ヘルスケアの業種別体制で、企画、構築(設計・施工・開発)、運用サポートまで一貫した提案を行い、経営課題の解決をお手伝いします。また、都築グループは「13 社・2,276名、国内109拠点・海外3拠点」で約2万社のお客様をサポートしています。

■ お問合せ先:

【報道機関】    都築電気株式会社
          担当:広報・IR室 平井・北浦・西田
          住所:〒105-8665 東京都港区新橋6-19-15 東京美術倶楽部ビル
          電話:03-6833-7780
          E-Mail:pr@tsuzuki.co.jp

【システムの詳細】 都築電気株式会社
          担当:西日本本部 アライアンスビジネス推進室 三村・水野
          住所:〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東1-11-5アサコ博多ビル
          電話:092-411-6910
          E-Mail:webinfo@tsuzuki.co.jp

*本書面に記載されている会社名、製品およびサービス名は、各社の登録商標または商標です。
*プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後、予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承願います。