健康経営

当社は、「社員とご家族の健康増進」と「多様な働き方を通した働きがい・やりがいの向上」、および「労働環境整備」などを目指す健康経営に向けた取り組みを、 2017年度より大きく前進させています。「働き方改革」と「健康増進施策」を両輪として、健康経営を推進する当社の取り組みをご紹介いたします。

健康経営とは

健康経営とは、従業員の健康増進を重視し、健康管理を経営課題として捉え、その実践を図ることで従業員の健康の維持・増進と会社の生産性向上を目指す経営手法のことを指します。

  • 「健康経営」は、特定非営利法人健康経営研究会の商標登録です。

背景

日本が本格的な人口減少社会に突入する中、企業が持続的に成長するには、優秀な労働力を確保し、労働の質を向上させ、ライフワークバランスの実現に向けた環境整備を推進することが重要となってきております。

当社においても、子育て/共働き/家族の介護を希望する社員、家族を含めた自身の健康増進を図りたい社員など、「一定の制約はあるが働き続けたい」、「今までの働き方で将来も働き続けることに不安がある」という社員が増加しており、今後も増加することが予測されます。また、今後10年間で管理職、およびベテラン世代が減少していきます。

既存の業務の進め方で、現在の仕事量や仕事の質を維持・向上できるのか、という問題提起から、会社の土台となる社員一人ひとりの健康増進、および、生産性を向上させるための働き方改革へ着手するに至り、健康経営を標榜しています。

健康経営の位置付け

中期経営計画「Make New Value2020」においては、経営ミッションを達成すべく、2017年度~2019年度の3年間は、「コアビジネスの収益性向上」、「成長新分野新領域への挑戦」、「健康経営の実践」の3つを基本方針に据えています。

コアビジネスの収益性向上と、成長新分野新領域への挑戦による持続的な成長は、健康経営の実践を土台として社員が輝いてこそ実現可能です。

健康経営の具体的取り組み

健康経営推進のフレームワーク

中期経営計画「Make New Value2020」における2019年度目標 売上高 1,060億円 営業利益  28億円 ROE  8%以上

推進体制

トップダウンで強力に推進

  • 2017年4月1日
    • 代表取締役社長 江森 勲 就任
    • 社長就任挨拶にて、「働き方改革」と「健康増進施策」の両輪で推進する方針を提示
  • 2017年4月21日
    • 社員総会にて、社長自ら健康経営宣言を発表
  • 2017年5月1日
    • 健康経営統括室の設立(室長:社長が就任)
  • 健康経営推進WG:
    健康経営の実践に向けて、現場の声を吸い上げる場・機会を創出することを目的に2016年度に発足したワーキンググループ。

健康経営宣言:スローガン

社長が発信した、健康経営を推進するにあたっての合言葉です。

  • 新価値創造に挑み続けるために、社員と家族の心身の健康を目指します
  • 多様な働き方を通じて、働きがい・やりがい(ワークエンゲージメント)を高めます
  • 生産性の向上や創造力が高まる労働環境整備と諸制度を見直します

社外からの評価

経済産業省 健康経営優良法人(ホワイト500)に認定

当社は、経済産業省が公表する「健康経営優良法人(ホワイト500)」に認定されました。
詳しくは、以下のリンクをご参照願います。

厚生労働省 テレワーク宣言企業に選出

当社の取り組みが厚生労働省のテレワーク専用HPに掲載中です。
詳しくは、以下のリンクをご参照願います。

総務省 テレワーク先駆者に選出

当社は、総務省が公表する「テレワーク先駆者」に選出されました。
詳しくは、以下のリンクをご参照願います。