文字サイズ

中期経営計画「Innovation2023」(2020年4月~2023年3月)

当社グループは、新型コロナウイルス感染拡大、デジタル革新などにより、社会が大きく変わる中でも、お客様を始めとするステークホルダーから選ばれ続ける企業であるべく、2021年3月期を初年度とする3か年の中期経営計画を策定いたしました。

方針

お客様のDX対応や競争力強化を実現するイノベーション・サービス・プロバイダーを目指すとともに、SDGs/ESG活動を通して、豊かな社会の実現に向けて取り組んでまいります。

中期経営計画「Innovation2023」

目標

重点施策を実行し、サービス比率も伸長させることで、売上・利益の構造転換を図り、中長期での着実な成長を目指します。

 

2017年3月期実績

2020年3月期実績

2023年3月期目標

売上高

1,051億円

1,254億円

1,260億円

営業利益

21.4億円

44.6億円

46億円

ROE

5.9%

10.8%

9%

事業方針

既存資産のモダナイゼーションを推進するとともに、イノベーションを伸ばし、事業構造の転換を進めます。

事業構成イメージ

重点施策

  1. 1.サービス化による事業構造の変革
    1. (1)デジタルを駆使したモダナイゼーションによるビジネスの拡大
    2. (2)ソフトビジネスを強化し収益構造を変革
    3. (3)成長分野への注力による電子デバイス事業の領域拡大
  2. 2.データドリブンビジネス※の推進
    1. (1)業種別にDX ビジネスを創出し、イノベーションビジネスを推進
    2. (2)共創による運用起点ビジネスの拡大
    3. (3)データサイエンティストの育成
  3. 3.経営基盤の強化
    1. (1)働きやすく魅力ある会社を造るため、人事制度の見直しや働き方改革を加速
    2. (2)業務プロセス改革による効率化の追求
    3. (3)グループ・ガバナンス体制の強化
  • データドリブンビジネス:戦略立案や意思決定に役立てるため、あらゆるデータを総合的に分析し、利活用をはかることで、新たなデータ起点のビジネスを創出すること