組織強化

DX推進統括部

さらなるDXビジネスへの取り組みおよび、当社自身のDXの推進強化・効率化を図るために、2021年4月よりDX推進統括部を設置しています。

DX推進統括部 組織図

データサイエンティストの育成

2016年に、AI、ドローン、ロボティクス、RPA、データ分析、IoTをビジネスに活かすための研究・活動を行う専門組織を立ち上げました。
2019年には、AI、データ分析、IoTに注力し、お客さまのビジネス課題を解決するための実証実験や、プロジェクト対応をはじめ様々な経験を通じて、スキルアップを図っています。
データサイエンティスト協会が定義している、3つのスキルセットを意識した総合力のあるデータサイエンティストの育成に力を入れています。

3つのスキルセット

ビジネス力 データサイエンス力 データエンジニアリング力

出典:一般社団法人 データサイエンティスト協会 3つのスキルセット

社内認定制度の運営

当社ではDXを推進する人材を社内認定し、さらなるモチベーション、スキルの向上や活躍の場を提供するために2つの社内認定制度を運営しています。

DXアソシエイト認定

本認定制度は、全社員を対象として、DXを推進するための基本的なマインド、知識、経験を有する人材を評価・判定し、認定していきます。
本認定制度の目的は、当社としてDXを推進する「DX人材」の定義を明確化し、然るべきプロセス、認定方法を確立させるとともに、この認定を通して社員へ今後の自身の市場価値向上を図るきっかけを提供することです。

マインド 知識 経験

高度DX人材認定(Tsuzuki Certification Program)

本認定制度は、DXアソシエイト認定の上位資格と位置づけ、お客さま、自社におけるDX推進の中核を担う高度DX人材を認定します。
全社でDXを主導できる人材、現場で業務プロセス改革を牽引できる人材、デジタル技術を活用した事業を構想、実行できる人材を育成し、評価していくことでDXを加速させていきます。
IPAが定義しているDX人材像を参考に4つの高度人材像を設定します。

ビジネスデザイナー データサイエンティスト UXデザイナー テクノロジーデザイナー

既存ビジネスからの変革

既存のビジネスモデル(受託開発型等)の変革を推進するため、以下のとおり取り組んでいます。

変革に向けた取り組み ソフトビジネスの強化(クラウド型・サブスクリプション型) デジタル技術を活用した機能の投入 パートナーとの資本業務提携

コムデザインを子会社化

独自開発のクラウドCTIサービス「CT-e1/SaaS」を基盤に、高いカスタマイズ性を有するクラウド型コンタクトセンターソリューションを提供している株式会社コムデザインを子会社化し、AIを活用したサービスによって新たな市場を開拓します。

JIG-SAW社との業務契約を締結

データドリブンビジネスを推進する都築電気と、優れたIoTテクノロジー、システム監視・運用サービスを持つJIG-SAWの相互が持つ強みを活かし、ビジネスの新領域発掘とサービス創出に向けた両社の連携強化を図っていきます。