3 「知」「技術」の発展と発揮

新技術の社内実践

本プロジェクトについて

目的・意義

私たちは新技術の学習と実践に力を入れています。その目的は、得られた「知」と「技術」をお客様に価値として提供するためです。新技術の活用は、私たちのサービスを強化し、生産性を向上させるための重要な手段です。
これらの取り組みを通じて、私たちはお客様に「価値」を提供し、同時に自社の効率とパフォーマンスを向上させることを目指しています。

主な取り組み

ワーキンググループメンバーを中心に新技術の社内実践を行い、「知」と「技術」を培い、社内での新技術活用を推進・支援を行います。

  1. 1.新技術に対する社内実践(検証・評価)
  2. 2.サービスへの組み込み企画・開発支援
  3. 3.新技術を利用した業務効率化

具体的な取り組み

8月公開予定です。